個人事業主が法人化した際の決算月メリット

IT関連の仕事をしている方の中には、「個人事業主として、様々な仕事を請負っている」という方もいると思います。仕事を請負っている方の中には、「冬から春にかけて、忙しくなる」という方もいるのではないでしょうか。この時期に、仕事が忙しくなると、確定申告の手続きなどに苦労する方も多いと思います。また、「他の時期であれば、もっと有利な決算が出来るのに」と感じている方もいるでしょう。

では、個人事業主が法人化することで得られるメリットのひとつ、決算月についてご紹介しましょう。本来、個人事業主の場合には1月から12月が事業年度と決められているため、必ず春先に確定申告による手続きが必要となります。しかし、法人の場合にはこの事業年度は決められていません。ということは、それぞれの自由で決算月を決めることが出来るということになります。自由に決算月が決められるということは、売り上げが多くある月がある場合には、その月を事業年度の最初の方にしておくことで、計画的な経営を進めることが出来るということなのです。既に、ある程度の利益を得ていれば今後の仕事も進めやすいですし、節税対策なども行いやすくなるでしょう。

また、時期が決まっていませんから、繁忙期などを避けて設定することもでき、仕事もスムーズに進められるようになるでしょう。利益を上げている方であれば、こういった決算月の自由さというのはとても魅力的ではないでしょうか。このように、個人事業主として仕事をしている場合には、最初から決められた事業年度で手続きを行う必要がありますが、法人化になれば自由に決めることが出来ます。「もっと計画的な経営をしていきたい」と考えている方、「もっと、節税できる方法はないだろうか?」と考えている方にとって、この決算月が自由に決められるというのは大きなメリットになるはずです。